兵庫県で外来ナースとして働くY子さん

兵庫県の姫路市のクリニック(診療科は5科、ナースは10名)で外来看護師として働くY子(仮名)さん。月~金は午前・午後、土曜日は午前の外来があります。他の診療科も手伝いながら10名でやりくりしているので、決して楽な仕事ではありませんが、患者さんに「おかげで、少し楽になりました」と一言声を掛けてもらうのが何よりもやりがいになるとのこと。

外来看護師の仕事で重要なのは、予約外でやってくる患者さんの状態を適切に判断し、既に来院している予約の患者さんの間に診察を入れて、医師の診察をスムーズに行うことです。少しでも時間を有効に使うため、次の日はどんな患者さんが予約を入れているのか、どの時間帯が混雑しそうか、検査は済んでいるかなどの情報を前日の夕方に電子カルテで確認して、あらかじめ流れをシュミレーションしておきます。

現在のクリニックへの転職を決めるまでには、看護師 求人 兵庫県で検索して、自宅から電車で1時間以内で専門を活かせる病院とクリニックを中心に探したそうです。他の看護師の皆さんもY子さんと年齢が近く、結婚して育児もこなしている人が多いため、家庭の事情を理解してくれて助かるとのこと。将来は救急看護の分野の認定看護師の資格を取るのが目標だそうです。

内科の外来患者数は1日50~60日名ですが、そのうち予約を入れている人は半分以下です。それ以外は急患も含めた、予約外の人たちです。予約外の場合、受付で記入した問診表を元に実際に話をして状態を確認し、医師に情報を伝えると共に、この方はやめの診察が必要だから、先にしようという判断も行います。